教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事

教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事 現代の子はゲーム機に夢中になったり、スマートフォンで歩きながらメールのやり取りをしています。そして、同時に学校での勉強のほかに、夜遅くまでの塾で勉強をしていて、肝心のマナーについてはあまりなされていないようです。学校へ通っているのであれば、人にあいさつをすることは当たり前なのにしないという事、これは社会人でも言えることです。勉強だけが教育ではありません。

挨拶が出来る事はとても重要性が高く、社会へ出てもマナーを重んじることが出来るようになります。近所の人にあいさつが出来ないというのも、これも問題です。さらに、自分よがりなことばかりをしていれば社会の迷惑をするようないたずらをしてしまいます。親の教育がシッカリとしていないと、子どもも前に習えになるか、反面教師になるかのどちらかです。

例えば、バスなどの下車スイッチをいたずらに押して、ただ謝れば許されると思うような子でもいけません。良識をしっかりと持つようになるのは、挨拶がシッカリとできる子でもあり、さらに周囲を見る力がある子です。そのように子供を教育して行くことが大人の責任です。

Copyright (C)2018教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事.All rights reserved.